スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真夜中、温泉ホテルの大浴場へ行ったら!

「この秋、私は日光K温泉に一泊の団体旅行をしました。
真夜中に浴場へ行く、もしかして、そこでホモの仲間に会えるかもしれない。
それは『薔薇族』誌でおぼえたことです。
小説だったか、体験談かは忘れましたが、そんな記事を読んだことがあります。
それを知って以来、私は慰安旅行や泊りがけの忘年会などでは、いつもそうしています。
確率が高いのです。
今年の春の会社の慰安旅行では、何事もありませんでしたが、暮れの忘年会のときも、その前の秋の慰安旅行のときも、いい思いをしました。
今度の旅行は、何かいいことが起きると、予感していました。
そのいいことは大浴場で真夜中に起きるにちがいない。
私はそう決めこんでいて、胸がときめきます。
人影がとだえた、やたらと曲がり角の多い廊下を通って、大浴場へ入りました。
ずらっと並んだ脱衣棚を見る。
二つほど使っています。
そのひとつをのぞきこんだとき、私の期待は当たったと思いました。
黒地にガラスのビーズで刺繍してあるステージ用のビキニパンツが、GパンやTシャツの上に脱ぎ捨てられています。
大ホールでのディナーショウで、男のダンサーが着けていたものだと、すぐに分かりました。
ボディビルダーとか、ショウダンサーなど、肉体美に自信のある男にホモが多いと聞いたことがあります。
私は浴衣を脱ぎました。
ブルーのかなりセクシーなビキニブリーフ姿になって、鏡に写してみます。
35歳にしてはゼイ肉のない、いい体だと思っています。
私には女房も子供もいます。」



この男、これからどうなるのか、お楽しみに。
スポンサーサイト

先輩と抱きあったすごい快感!

「先輩は「アハハ、バレたか。じゃあ脱ぐぞ」
と言いながら、立ちあがると勢いよく柄パンを脱ぎました。
完全にガッチガチに勃って、腹にくっつかんばかりです。
W大ラグビー部では、コンパの余興にヤカンかけ競争をやるそうですが、
(ヤカンを男性自身にひっかけ、中にどのくらいの水を入れられるかを競争する)
これなら先輩は絶対に優勝でしょう。
風呂では隠しませんから、みんなの急所を見ていますが、平常の状態ですし、高校のラグビー部で遠征したとき、だれが一番早くイクか、マスかき競争をやったこともありますから、他の奴の勃起したものを見たことがあります。
でも、こんなにすごいのは初めてでした。
でかいこと、堅いこと、上昇角度がすごいこと、先端が紫色に光っていること、まさに理想の男性を見た感じでした。
自分は新人合宿のあと、渡辺先輩と外で個人的に付き合うようになりました。
新人合宿でマッサージのあと、素っ裸の渡辺先輩をマッサージして、一発発射させてあげましたが、そのとき自分は短パンの上から先輩に握られ、勃起していることがバレてしまい、初めて男性に抱かれました。
自分は高二のとき、同級の女の子と関係し、童貞ではありませんでしたが、先輩と抱きあった、あのすごい快感は、女の子の比ではありませんでした。
自分はこの日から『薔薇族』を意識しました。」



まだまだこの話は続きます。
学生時代にラグビーをやっていて、サラリーマンになり、学生時代の思い出をかいたのでしょうが、6頁に渡る原稿を書いたということは、昔の人は、みんな文章力があったということでしょう。
ネットなんてなかったからね。

先輩、元気がいいですね!

「運動部員が普通の学生よりは性欲が何倍も強いのではないかという話に戻ります。
自分は6月の新人強化合宿のとき、ある晩4年の渡辺先輩の部屋に呼ばれました。
先輩は、自分にマッサージをしてくれと言い、腹ばいになりました。
渡辺先輩は自分の担当だし、レギュラーで自分の憧れの対象でしたから、
「はい、失礼しますと言って、首すじから、肩、腰、ももと順にもんでいきました。
マッサージは高校の部活で、コーチに教わっていたので、わりにうまいほうでした。
足の裏まで終わると先輩は、
「サンキュー、あと前のほうもやってくれ。」
と言って立ちあがると、シャツも脱ぎ、短パンも脱いで、パンツ一枚でふとんと上で仰向けになり、目をつぶりました。
自分は先輩の厚い胸板、広い肩幅、こげ茶色の短パンからはみ出し、へその上まで生え上っている黒々とした陰毛、太い太ももをひとわたり見て、胸がどきどきしてきました。
先輩の
「早くやってくれ」
という言葉で、自分はわれにかえり
「失礼します」
と言って、また首から順にもみはじめました。
そして太ももに手が行ったとき、その筋肉のあまりの堅さにびっくりしました。
力んだら爪もたたないのでは。
それと自分はさっきから、先輩の汗のまじった体臭にいささか興奮していたのですが、太ももをもむと、先輩の急所に自分の顔が、20センチくらいまで近づき、体臭とも違った独特の臭いがして息苦しいほどでした。
いつの間にか先輩は勃起したらしく、パンツをあげているのがわかりましたので、
「先輩、元気がいいですね」
と言ってしまいました」



これからというところで紙数が、残念!

新人の身体にマジックインクで!

話が面白くなってきたので、 この話、続けます。



「『薔薇族』の記事では見かけますが、先輩たちが大勢見ている前で、新人を全裸にしたり、新人のセックスを遊びの対象にすることが、どの部でも多かれ少なかれ行なわれています。
まず風呂場では前を隠してはいけないと言われました。
でも恥ずかしいけれど、お互いが隠さないのですから、これは対等です。
しかし、五月の新人歓迎歓迎コンパでは、だいぶ酒がまわったところで、パンツまで脱いで自己紹介させられました。
六月の新人強化合宿は、合宿所に詰めこまれて、ざこ寝の一週間でしたが、練習もきつかったけれど、先輩たちに落書きされました。
といっても分からないでしょう。
夜、新人が整列し、
「お願いします」
と言うと、先輩が1人ずつ、新人の体にマジックインクで落書きをするのですが、新人はパンツ一丁で突っ立ったまま、いっさい抵抗してはいけないのです。
背中にも腹にも書かれますが、例年、狙い目はパンツの中です。
全部員の見ている前で先輩がパンツのゴムに手をかけ、自分のように包茎の者に対しては、皮をパッチリとむいて、先端の神経過敏な場所がまっ黒になるまで、次ぎ次ぎにマジックで落書きされます。
ずるむけの奴の中には、たたない者もいましたが、包茎組は恥ずかしいのと、さわられる刺激で全員ぼっき。
それでも股を開き両手を下げたまま、素っ裸でじっと立っていなければなりません。
そのうえ、自分を含め数人は、みんなの前で先輩に往復運動をやられ、発射させられてしまいました。」




まだまだ面白い話が続くので、話を続けましょう。
なんだかむずむずしてきたみたい。

運動すればするほど性欲は強くなる!

この話は30年も前の話。
今のラグビー部の話ではありません。
ラグビー部の選手だった東京の榎本明さんの告白。



「部活をして感じたことは、性欲は運動をすればするほど強くなるということでした。
先輩を見、後輩と付き合い、自分と比較してみると絶対に間違いないと思います。
では、そんなに強い性欲を選手たちはどうやって発散させているのでしょうか。
うちの部を例にとってみると、一番手っとり早いのは、ソープランドですが、これには金がかかります。
ガールフレンドも毎週のようにセックスできるほど親しい関係の子を持っている部員はそう多くはいません。
合宿所やグランドに近づくギャルたちに手を出せば簡単ですが、今までにもあとでいろいろ問題を起こした例が多いとかで、部では禁止でした。
とすると落ち着くところは、マスターベーションですが、事実これは公然とやられていました。
夜、ポルノ雑誌やヌード写真を見たり、部員同士ワイダンをしていると、
「チクショウ、もう駄目だ、一発抜いてこよう」
と言って、トイレへ行ったり、合宿所で他の部屋へ行くと、机の上に聖駅を受けたティッシュがまるめて置いてあったり、部屋に散らかっているマンガ雑誌を読んでいると、途中で何枚ものページがゴワゴワとノリ付けされていたり、
見つかると
「ああ、昨夜一発出しちゃった」
「おれもだ」
などという会話が日常、なんの恥ずかしさもなく行われてきました。」



まだ「愛の潤滑油・ラブオイル」が普及していなかった時代、おしかった。
もっと、もっといい気分になれたのに……。

結婚の問題を乗り越えないと!

「僕は30歳前で、勤務先では中堅として、責任ある立場を少しずつ任されてきています。
正直に言って仕事の内容には興味がもてず、やる気になれなくなりました。
勉強と考え4年近くになりますが、自分に自信のもてる仕事をしているという実感がありません。
ずるいかもしれませんが、現在の勤務先は次の就職先が決定するまでやめない、いや、やめられないのです。
定年を迎えた親もいますし、生活費等お金の問題や、就職先決定のブランクが長くなったら、あせって後悔する転職になったら意味がなくなります。
どうにか希望する方面へ転職活動、今年いっぱいがんばってみます。
もうひとつ考えているのが、結婚のことです。
無理にしようと思えば、相手はみつかりますが、ただ何度か考えましたが、性生活の相当淡白な女性か、子供をつくるためならという女性でないと、相手をしてあげられないですから普通の女性では無理です。
しかし、兄の夫婦に子供ができ、両親が兄夫婦の所へ行き、写真を撮ってきて、できた写真を見るかぎり、やはり人は結婚して、新しい生命を育てることに重要な意味があると思いはじめてきました。
女性をけがらわしいとかは思いませんし、むしろ興味があるといえますが、SEXはできません。
大学生のころ何度か試みましたが、完全にエレクトせず、当然できませんでした。
こればかりは本当にしようがないですね。
女性に恥をかかせることになるのですし……。」



女性との結婚問題、読者にとっての難問題、いろんな家庭の事情があるから、解決するのは大変、欲望の話ばかり書くのはらくですが悩みは深刻でした。

性同一性障害なんてしらなかった!

「ゲイって、ある日、突然なるものではありません。
僕の場合は生まれた時からのゲイでした。
と言っても赤ちゃんの時の記憶があるわけではありません。
物心ついたころは、自分が女の子だと思っていました。
小学校の高学年まで、遊び相手はいつも女の子でした。
幼稚園では、あやとりやゴムとびなどをしていました。
どうして自分には男の子の名前がついているのか、どうして半ズボンをはいているのか、どうして髪の毛を短くしているのか、いつも不思議でした。
「どうしてあきらの名前は、あきらなの?
今度からあき子にしようよ」
と、祖母に話したのを覚えています。
「僕」や「俺」という言葉も使えませんでした。
女の子に生まれなかったことを、毎日悔やしがっていました。
4歳の男の子が、そんな感情を持つでしょうか。
みんなはあきらが本当は女の子だってこと知らないんだと思っていました。
女装の趣味はありません。
ただ、心が女の子なのです。
男っぽさが足りないのです。
まわりの人からは「おっとりしている」と言われます。
僕の場合とは違って、ちゃんと男の子っぽく育った人たちの意見を聞かせてください。
僕の場合は、自分にない「男っぽさ」を求めて男に憧れを抱いていると思うんだけど、男っぽくてゲイだ、という人たちはどうしてゲイなんですか、何も求めるものはないように思うけど。
(神奈川県・AKIRA・19歳)」



22年前、AKIRA君のような人のことを理解できない時代だったけど、やっと世間の人たちに理解されるようになってきた。
AKIRA君、ずいぶん悩んだのでは。

友人の中嶌君のお店「まじかな」逆にしただけ

シケタ

「名前を逆にしただけ。
しかし女っぽく、まさにしけたお菓子のような性格だったのでそう言われてました。
あの頃からすでに男の友人とよくスケベな遊びにふけっていました。
もう15年、いや、それ以上も前の話です。
(群馬県・ヒバリ・33歳)」



めめ

「学生時代から「デメ」と言われていたのをそれじゃかわいそうというホモ仲間から、「めめ」というニックネームをもらって、30年近くになります。
(青森県・めめ)」





「友だちなのだが「姫」とよばれているのを聞いたことがある。
しかも、いい年の女の人に大きい声で呼ばれて、本人はすごく恥ずかしそうだった。
ノンケや女性もいたので、ホモのぼくたちはヒヤヒヤしたもんでした。
「姫」の由来はあまりにも内輪で有名ひなっているので、残念ながら、ここでは言えません。
(ノーパン・50)」


なんで友だちの話にしてしまうのかな。
本当は自分のことなのに。



デブ好き

「僕はバイセクですが、男女両方とも太ってなければ興味はありません。
友達にお前はおかしいとよく言われます。
僕は変ですか?
(京都・デブ好き・33歳)」



ダイエットしようと思っていたけど、するのやめよう!
プロフィール

伊藤文學

Author:伊藤文學
日本初の同性愛者向け雑誌『薔薇族』を創刊した編集長。
薔薇族は廃刊となったが、販売を手掛けるラブオイルは今でも売れ行き好調。
出演作品がネットで話題となり、いつしか“ラブオイル校長”の名でも親しまれるようになった。ありがたいことです。
管理運営:FMC's©伊藤文學

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
広告
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。