スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本のゲイは幸せすぎる!

今どきの若者は、アメリカのニューヨークで、ゲイの人たちが警察に立ちむかった話なんて知らないと思うけど、ニューヨークに長く住んでいて、『ニューヨーク人間図鑑』(草思社刊)などを出されている宮本美智子さんと対談することができた。
(36年も前のことで宮本さんは亡くなられている)
1960年代の話だ。



「「ストンウォール」というゲイバアがあって、そのゲイバアというのは、SMがあったりあまり品のいい場所ではなくて、酔っぱらいがずいぶん出入りしていたこともあって、警察官がしょっちゅう取り調べに来ていたらしいんです。
ただ、ゲイだからといって逮捕したりすることは、実際にはできないんですよね。
そういう法律はないので。
ところが警官のいやがらせがあるんです。
なんとなく現れて、小突いたり、何をしているんだって不審尋問をしたりということは、毎晩のようにあったらしいんです。
だから、ゲイもそのころは、警官がくるとコソコソと逃げるような感じであったんですね。
それが1969年のある日、爆発したわけです。
警官がゲイに対していやがらせをしたときに
「なんで自分たちはいつもこんなことをされなくちゃいけないんだ、もうたくさんだっ」
ってだれかが叫んだら、みんな積もり積もった恨みがありますでしょう、爆発してワーッと暴動になったというんです。
そうしたら、当時のニューヨーク市長であったリンゼーが、もうゲイに対していやがらせするのはやめよ、という命令を出した。
それで突然、クリストファー・ストリートは大らかに、明るくなったわけです。
幸いあの暴動では、人が死んだりはしませんでしたよね。
それはゲイというのは基本的に平和主義者だからだと、私の友人が言っておりましたけど、だれも発砲しなかったし、人を殺したりはしなかった。
でも、今まで積もっていたことをみんな言って、それまでゲイであることをひた隠しにしていた人まで、
「アイ・アム・ア・ゲイ(自分はゲイである)」
と、声をあげて道を走ったりしたそうです。」



日本の場合は、警察の権力によって、同性愛者を弾圧するようなことがなかっただけにかえってそれが現状を変えられなかったといえる。
スポンサーサイト

「本物を入れてよ」と催促されて!

「アキさんの指が2本、ダンサー君の肛門に深々と挿入されました。
ダンサー君は足を大きく開き、私の頭上を越えて後ろの岩にふんばります。
おそろしく体が柔軟です。
アキさんの指が抜け、ぽっかりと肛門が開きました。
周りの毛が剃ってあります。
今度会は私が指を入れました。
「本物を入れてよ」
と、催促されました。
アキさんと私は、協力して、その穴に唾液をぬり、私が先にインサートしました。


(こんなときにわが社の「ラブオイル」があれば、すぐさま天国に)


30回くらいピストンして、アキさんと代わります。私のペニスも、まずまず大きいほうですが、アキさんのソレは段違いに立派です。
ダンサー君も本当はソレを待っていたようで、ウーンとのけぞって快感を表わしています。
私の目の前で、直径6センチはありそうなド太い男根が、張りさけそうに引き拡げられた肛門にブチブチと音を立てて、出入りしています。
圧倒的な迫力のあるエロショウです。
アキさんのピストンが早くなり、息づかいがあえぐようになりました。
絶頂をともに味わおうと、ダンサー君は自分のモノをしごきはじめました。
すぐに勇姿がよみがえります。
アキさんの下腹がダンサー君のお尻に押しつけられたままになって、その動きが止まりました。
ダンサー君は尻を絞りながら猛烈にオナります。
やがて、赤黒い亀頭からザーメンがとびちりました。
ガラス戸に人影が映り、声が聞こえました。
私はふたりに注意をうながし、3人は素早く散りました。
酔客が4人入ってきたのです。」



8頁も使っての青森県の青山さんの投稿。
今でも本当かどうか、旅行に行ったら真夜中に浴場に行ってみたら!

私の目の前に巨大なモノが!

「私の右手は私自身が信じられないような思いきった行動をとっていました。
ショウダンサーの股間のモノを握ってしまったのです。
「フェーッ!」
私は驚ろきを大げさに声にしました。
ゴチゴチに勃起しているのです。
しかも、ドデカイ。
ぐっと握って、やっと指が合わさるぐらいです。
私のハレンチな行為に対して、彼は目をとじ、吐息をおおきくもらして応えてくれました。
その恍惚の表情は同時に、前にいる若者、アキさんに対するアピールでもあったのでしょう。
「こっちにこない!」
私はアキさんに声をかけました。
アキさんら目でうなずいて、こちらに来ます。
もう前を隠していません。
前方に向けてズドンと勃起した肉柱が、ユッサ、ユッサと揺れています。
私たちの前に立ちました。
私は右手でダンサー君のモノを握りしめながら、左手でアキさんのドデカイものをすくいあげます。
重い!
夢みたいです。
アキさんの亀頭を私は口に含みました。
ダンサー君の手や口も寄って来ます。
しばらくしてダンサー君が立ちあがりました。
そしてアキさんの唇に唇を合わせました。
私の目の前に、めったにない2本の巨大なモノがデンデンとかぶさるように迫っています。
2本はほとんど同じくらいの大きさですが、アキさんのほうが少し太いようです。
そのかわりダンサー君のほうが固くて黒い。
勃起の仕方も違います。
ブリブリと血管を浮かせたゴチゴチに硬いダンサー君のモノは、腹を打って上向きに反り返っていますが、アキさんの巨根はわずかに上反って、ほぼ前方に向けて立っています。
睾丸は圧倒的にアキさんが大きい。」



まだまだ続く。

今夜、私と同じ部屋で寝るはずの男!

「私の高校時代からの水泳は、今でも続けているし、家にいる時は細めのトレパンをはいていることが多いので、サポーター代りだおいいわけして、妻を納得させているのです。
ガラス戸の向う側の浴場からは、まったく物音が聞こえません。
わたしは1メートルもある胸をふくらませてポーズをとり、ビキニのふくらみをまみました。
巨根と自慢できるほどではありませんが、まずまず人並み以上には大きいと思っています。
浅い浴槽の対岸に、こちらを向いている男。
思ったとおりショウダンサーのひとりです。
男二人と、女三人でかなりきわどい、エロチックな踊りを見せてくれました。
30近いと思われるその青年は、いちばんいい男でした。
とくに鋭くきれ上がった小さなビキニの盛り上がりが大きく目立ち、私はどきどきして、そこばっかりを見ていたのです。
その真正面、私に背を向けてすらっとした若者が浴槽のフチに腰かけていました。、真っ黒に日焼けした、きれいな背中です。
引きしまった小さな尻に、T字型に6尺褌のあとが白い。
腰かけている若者の顔と股間を見て、アッと驚きました。
なんと彼はアキさんではありませんか。
今夜、私と同じ部屋に寝るはずの同じ会社の男です。
そして、その股間のモノの見事さには、思わず生つばを飲みました。
垂れてはいるが、ゆうに20センチはあり、ど太いのです。
それを股を開いて、3メートル先のショウダンサーの方へ、まっすぐに向けているのです。




いよいよ本番かな。
さてどうなっていくのかお楽しみに。
プロフィール

伊藤文學

Author:伊藤文學
日本初の同性愛者向け雑誌『薔薇族』を創刊した編集長。
薔薇族は廃刊となったが、販売を手掛けるラブオイルは今でも売れ行き好調。
出演作品がネットで話題となり、いつしか“ラブオイル校長”の名でも親しまれるようになった。ありがたいことです。
管理運営:FMC's©伊藤文學

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
広告
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。