スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

社員がいない出版社だからできたこと!

2004年の9月に刊行された11月号(No.382号)で、ぼくが33年間、編集長を務めた日本初の同性愛誌『薔薇族』は廃刊に追い込まれてしまった。
12年も前のことだから、20代、30代の人は『薔薇族』の存在を知らないだろう。
『薔薇族』は1972年(昭和46年)の7月に創刊された。ぼくが38歳のときだった。

父の禱一が敗戦後間もなくの昭和23年に、株式会社・第二書房を開業した。
姉ひとりと、妹ふたり、男はぼくひとり、駒沢大学に入学した年だった。出版社は机ひとつと電話があれば、事務所など借りることはない。
印刷も製本も、紙も全て外注だから、自宅で仕事をすればいい。人も使うなというのが父の考えだ。
学生時代から父にこき使われだして、卒業後も父の仕事を手伝うことになってしまった。
給料などもらったことがない。小遣いとしてわずかなお金をもらうだけだった。
第二書房は社員などひとりもいなくて、父とぼくだけ。

『薔薇族』を創刊するまでにはいろんなことがあったが、社員がいないからぼくが決断をくだせば、だれにも相談することがなく、会議を開くこともなく決められた。
父は女性に狂っていて、ぼくに仕事をまかせっきりだったので、ぼくが決断すればいいことで、『薔薇族』を創刊しようと思ったとき、運がよかったのか、手助けしようというゲイの人がふたり現れた。
藤田竜さんと、間宮浩さんとの出会いがあって、4月に出会って、7月に創刊号を出してしまったのだから、すごいことだった。
取次店(本の問屋)が扱ってくれることになった。これは革命的な出来事で、日本中の書店に『薔薇族』が並ぶことになった。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

伊藤文學

Author:伊藤文學
日本初の同性愛者向け雑誌『薔薇族』を創刊した編集長。
薔薇族は廃刊となったが、販売を手掛けるラブオイルは今でも売れ行き好調。
出演作品がネットで話題となり、いつしか“ラブオイル校長”の名でも親しまれるようになった。ありがたいことです。
管理運営:FMC's©伊藤文學

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
広告
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。