スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ラブオイル」が売れるわけだ!

わが家の近くには、お寺さんが経営する幼稚園がある。息子ふたりと、孫3人もお世話になった。
それに保育園もあるから、今はやりの電動式の自転車に幼児を乗せて走っているのをよくみかける。
前とうしろに子供を乗せている元気なお母さんも。
たまに背中に赤ちゃんをおぶり、前とうしろに子供を乗せて走っているタフなお母さんも見かけることがある。

女房がお腹が大きかった頃は、街にでるとやたらにお腹の大きい女性に目が自然と向いてしまったものだ。
少子化と叫ばれているけれど、ぼくの住んでいる街では、そんなに子供がいないとは思えない。
2016年の9月16日(金)の毎日新聞の記事を読んでおどろいた。

「未婚者(18~34歳)で、「交際相手がいない」は男性69.8%。女性59.1%といずれも増加。
「性経験がない」も増え、男性42.0%、女性44.2%」
と阿部亮介記者の記事だ。

売春防止法が1958年(昭和33年)4月に施行されて、吉原などの全国どこにでもあった、女性に売春させる廓が営業できなくなってしまった。
昭和の男性は、会社の先輩が新入社員を吉原などに連れていき、女性との性を教えさせた。
だが今はそれができない。

下北沢の街を歩いていると、手をつないで歩いている男女の姿をよく見かけるから、とっても相手がいない男性が7割近くもいるとは信じられない。
ひとりでいても欲望はおきるだろう。
ひとりでマスターベーションをしているのか。

「ラブオイル」が売れているのは当然のことかも。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

伊藤文學

Author:伊藤文學
日本初の同性愛者向け雑誌『薔薇族』を創刊した編集長。
薔薇族は廃刊となったが、販売を手掛けるラブオイルは今でも売れ行き好調。
出演作品がネットで話題となり、いつしか“ラブオイル校長”の名でも親しまれるようになった。ありがたいことです。
管理運営:FMC's©伊藤文學

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
広告
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。