スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホテルから頂いてきたタオルが!

「わがニックネームの由来」
この問題も藤田竜君が考えたものだ。
1994年の2月号の『薔薇族』に載っている。


アサリちゃん
「売り専をやっていたときの源氏名が「誠」だったのと、あまり嬉しいことではないが、マ○コの意で、バイのお客が
「お前のケツは女より粘っていいマ○コだ。」
と言ったあと、ご指名は「マンチャン」と呼ばれるようになった。
300人以上のザーメンを吸収して病気はなし。
それから高校で体に良いと聞いてから大学の自炊でも、毎日メニューに入れてたせいで「ニンニクマン」
食べすぎると抵抗がなくなり、逆効果と知ったのは最近のこと。
でも精力だけは絶倫だった。
そして「アサリちゃん」。
セックスがあっさりしているのと、貝のように締まる名器だから。
(福井県・ムキムキボーイ・40代)」


手くせワルオ

私じゃないけど(それが肝心よ)「率(リツ)子」。
この男と寝るのが損か得か、飲みに行っても相手に払わせ、旅行に連れていかせ、おこづかいも……も、すべて効率を考えて行動する「女」だから。
これも私じゃないけど、「手くせワルオ」。
盗癖があって、スナックでは必ず灰皿と、コースターと、タンブラーと、場合によっては従業員も失敬する。
(東京・チンポン・31歳)」



これに対して竜さん、こんなことを書いている。

「京都の都ホテルのバスタオルは、ピンクの大判で、とても快い。
これ、自宅の風呂場に積んであると、リッチです。
私じゃないけど」


もう時効だから書いちゃうけど、竜さんの住んでいたマンションのお風呂場、ホテルから頂いて?きたタオルが山積み。
びっくり。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

伊藤文學

Author:伊藤文學
日本初の同性愛者向け雑誌『薔薇族』を創刊した編集長。
薔薇族は廃刊となったが、販売を手掛けるラブオイルは今でも売れ行き好調。
出演作品がネットで話題となり、いつしか“ラブオイル校長”の名でも親しまれるようになった。ありがたいことです。
管理運営:FMC's©伊藤文學

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
広告
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。