スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先輩、元気がいいですね!

「運動部員が普通の学生よりは性欲が何倍も強いのではないかという話に戻ります。
自分は6月の新人強化合宿のとき、ある晩4年の渡辺先輩の部屋に呼ばれました。
先輩は、自分にマッサージをしてくれと言い、腹ばいになりました。
渡辺先輩は自分の担当だし、レギュラーで自分の憧れの対象でしたから、
「はい、失礼しますと言って、首すじから、肩、腰、ももと順にもんでいきました。
マッサージは高校の部活で、コーチに教わっていたので、わりにうまいほうでした。
足の裏まで終わると先輩は、
「サンキュー、あと前のほうもやってくれ。」
と言って立ちあがると、シャツも脱ぎ、短パンも脱いで、パンツ一枚でふとんと上で仰向けになり、目をつぶりました。
自分は先輩の厚い胸板、広い肩幅、こげ茶色の短パンからはみ出し、へその上まで生え上っている黒々とした陰毛、太い太ももをひとわたり見て、胸がどきどきしてきました。
先輩の
「早くやってくれ」
という言葉で、自分はわれにかえり
「失礼します」
と言って、また首から順にもみはじめました。
そして太ももに手が行ったとき、その筋肉のあまりの堅さにびっくりしました。
力んだら爪もたたないのでは。
それと自分はさっきから、先輩の汗のまじった体臭にいささか興奮していたのですが、太ももをもむと、先輩の急所に自分の顔が、20センチくらいまで近づき、体臭とも違った独特の臭いがして息苦しいほどでした。
いつの間にか先輩は勃起したらしく、パンツをあげているのがわかりましたので、
「先輩、元気がいいですね」
と言ってしまいました」



これからというところで紙数が、残念!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

伊藤文學

Author:伊藤文學
日本初の同性愛者向け雑誌『薔薇族』を創刊した編集長。
薔薇族は廃刊となったが、販売を手掛けるラブオイルは今でも売れ行き好調。
出演作品がネットで話題となり、いつしか“ラブオイル校長”の名でも親しまれるようになった。ありがたいことです。
管理運営:FMC's©伊藤文學

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
広告
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。