スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今夜、私と同じ部屋で寝るはずの男!

「私の高校時代からの水泳は、今でも続けているし、家にいる時は細めのトレパンをはいていることが多いので、サポーター代りだおいいわけして、妻を納得させているのです。
ガラス戸の向う側の浴場からは、まったく物音が聞こえません。
わたしは1メートルもある胸をふくらませてポーズをとり、ビキニのふくらみをまみました。
巨根と自慢できるほどではありませんが、まずまず人並み以上には大きいと思っています。
浅い浴槽の対岸に、こちらを向いている男。
思ったとおりショウダンサーのひとりです。
男二人と、女三人でかなりきわどい、エロチックな踊りを見せてくれました。
30近いと思われるその青年は、いちばんいい男でした。
とくに鋭くきれ上がった小さなビキニの盛り上がりが大きく目立ち、私はどきどきして、そこばっかりを見ていたのです。
その真正面、私に背を向けてすらっとした若者が浴槽のフチに腰かけていました。、真っ黒に日焼けした、きれいな背中です。
引きしまった小さな尻に、T字型に6尺褌のあとが白い。
腰かけている若者の顔と股間を見て、アッと驚きました。
なんと彼はアキさんではありませんか。
今夜、私と同じ部屋に寝るはずの同じ会社の男です。
そして、その股間のモノの見事さには、思わず生つばを飲みました。
垂れてはいるが、ゆうに20センチはあり、ど太いのです。
それを股を開いて、3メートル先のショウダンサーの方へ、まっすぐに向けているのです。




いよいよ本番かな。
さてどうなっていくのかお楽しみに。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

伊藤文學

Author:伊藤文學
日本初の同性愛者向け雑誌『薔薇族』を創刊した編集長。
薔薇族は廃刊となったが、販売を手掛けるラブオイルは今でも売れ行き好調。
出演作品がネットで話題となり、いつしか“ラブオイル校長”の名でも親しまれるようになった。ありがたいことです。
管理運営:FMC's©伊藤文學

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
広告
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。