スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本のゲイは幸せすぎる!

今どきの若者は、アメリカのニューヨークで、ゲイの人たちが警察に立ちむかった話なんて知らないと思うけど、ニューヨークに長く住んでいて、『ニューヨーク人間図鑑』(草思社刊)などを出されている宮本美智子さんと対談することができた。
(36年も前のことで宮本さんは亡くなられている)
1960年代の話だ。



「「ストンウォール」というゲイバアがあって、そのゲイバアというのは、SMがあったりあまり品のいい場所ではなくて、酔っぱらいがずいぶん出入りしていたこともあって、警察官がしょっちゅう取り調べに来ていたらしいんです。
ただ、ゲイだからといって逮捕したりすることは、実際にはできないんですよね。
そういう法律はないので。
ところが警官のいやがらせがあるんです。
なんとなく現れて、小突いたり、何をしているんだって不審尋問をしたりということは、毎晩のようにあったらしいんです。
だから、ゲイもそのころは、警官がくるとコソコソと逃げるような感じであったんですね。
それが1969年のある日、爆発したわけです。
警官がゲイに対していやがらせをしたときに
「なんで自分たちはいつもこんなことをされなくちゃいけないんだ、もうたくさんだっ」
ってだれかが叫んだら、みんな積もり積もった恨みがありますでしょう、爆発してワーッと暴動になったというんです。
そうしたら、当時のニューヨーク市長であったリンゼーが、もうゲイに対していやがらせするのはやめよ、という命令を出した。
それで突然、クリストファー・ストリートは大らかに、明るくなったわけです。
幸いあの暴動では、人が死んだりはしませんでしたよね。
それはゲイというのは基本的に平和主義者だからだと、私の友人が言っておりましたけど、だれも発砲しなかったし、人を殺したりはしなかった。
でも、今まで積もっていたことをみんな言って、それまでゲイであることをひた隠しにしていた人まで、
「アイ・アム・ア・ゲイ(自分はゲイである)」
と、声をあげて道を走ったりしたそうです。」



日本の場合は、警察の権力によって、同性愛者を弾圧するようなことがなかっただけにかえってそれが現状を変えられなかったといえる。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

伊藤文學

Author:伊藤文學
日本初の同性愛者向け雑誌『薔薇族』を創刊した編集長。
薔薇族は廃刊となったが、販売を手掛けるラブオイルは今でも売れ行き好調。
出演作品がネットで話題となり、いつしか“ラブオイル校長”の名でも親しまれるようになった。ありがたいことです。
管理運営:FMC's©伊藤文學

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
広告
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。